神秘三昧Web & blog - 超常現象研究家・ライターの百瀬直也によるスピリチュアル・予言情報

ノンフィクションライター、超常現象研究家の百瀬直也がスピリチュアル・霊性・予言等を探求する

スポンサード リンク

『釈迦の霊泉』が効く病気:消化器系(胃・腸・肝臓・腎臓)

スポンサード リンク

f:id:nmomose:20180723131006j:plain
【Photo: Public Domain】


「釈迦の霊泉」を飲んで、消化器系(胃・腸・便秘など)が改善した・治ったというケースを紹介する(癌は別項でまとめて紹介)。

【目次】

 

全体的に

胃腸・肝臓・腎臓の病気改善例の多くは「癌」であり、それ以外の症状では、他の重い病気が治ったのと同じ時期に治っていたという例が多く、単体の症状の報告はそう多くない。

胃の病気

胃ポリープ

愛知県の女性。10日間霊泉で湯治し、9ヶ月ご神水を飲み続けた。
8ヶ月ほど経ってレントゲンを撮ると、半年前にあったポリープが消えていて、医師も不思議そうだった。
2年前に2度めの乳がん手術をしたが、その後に再発もしていない。
(大沢祥二『釈迦の霊泉』)

胃ポリープ

49歳の主婦。胃潰瘍の疑いで5ヶ月前に1週間入院して、胃カメラでポリープがあることがわかった。
神経性胃炎と言われ薬を飲み続けるが、揚げ物で胃がもたれて不快になっていた。
テレビや本で釈迦の霊泉を見て、半信半疑で2泊3日した。
すると、生水を飲んだことがなかったのがいくらでも飲めて、夕食の天ぷらを食べても大丈夫だった。
その後、胃が元気な状態に戻った。
(大沢祥二『釈迦の霊泉』)

胃下垂

東京の女性。長年の胃下垂で食欲不振になり次第に痩せてきて、体重が40kgを割った。
ほかに帯状疱疹(たいじょうほうしん)の後遺症の神経痛と耳鳴りに悩まされていた。
娘が連れて来られた釈迦の霊泉で、(老人だからと制限して)1日1回3分間湯治したら食欲がわき、その後も御神水を飲み続けると、太ってきて、10日で神経痛が治り、耳鳴りも消えた。
(大沢祥二『釈迦の霊泉』)

腸の病気

腸捻転・腸閉塞

東京の男性。これまで腸捻転・腸閉塞で3回手術して、その後も機能障害のほか、ときどき腸の癒着で激痛が起こり、注射と電気治療でも3~4日痛みが残る。


友人より御神水を話を聞き、湯治に訪れた。
5日目の夜に例の激痛が始まったが、3時間くらいで収まり翌日はウソのようにスッキリしていた。
帰宅後、毎月2~3回あった腹痛も収まった。
(大沢祥二『釈迦の霊泉』)

便秘

福島県の女性。夫婦で1泊した後に御神水を飲み続けると、便秘症だったのが毎朝排便がありビックリした。
(釈迦の霊泉への手紙より)

便秘と神経痛

京都府の女性。5泊した後、御神水を飲み続けると、便秘がすぐに治り、頑固な神経痛もほとんど良くなった。
(釈迦の霊泉への手紙より)

肝臓の病気

慢性肝炎

兵庫県の男性。8年前から慢性肝炎の治療を続けていたが、湯治に訪れた後で3日間入院し、血液検査の結果、非常に良好なデータとなっていて、医師が不思議でならないと言っていた。
念のため近所の内科で再度検査を受けると、ほとんど全快と言われ家族も驚いた。
御神水の効果を心から信じているが、これは(治癒した)当人しかわからないだろう。
(釈迦の霊泉への手紙より)

慢性肝炎

大阪府の男性。慢性肝炎と診断されてGPT(幹細胞が壊れている度合い)が90前後だったのが、御神水を5ヶ月間飲み続けると5ヶ月位で40前後に下がった。
医師から、もう普通に過ごして大丈夫と言われた。
(釈迦の霊泉への手紙より)

慢性肝炎

大阪府の男性。十数年も患っていた慢性肝炎が、湯治を始めてから3ヶ月ですっかり治り、薬も不要になった。
(釈迦の霊泉への手紙より)

腎臓の病気

腎臓病から来る腰痛など

群馬県の女性。友だちに誘われ5泊6日湯治をしたところ、数年間痛みで苦しんでいた腎臓病による腰痛と左膝が3日目から苦痛から解放された。
帰宅後は痛みもなくなり、まったく別人のようになっていた。
(釈迦の霊泉への手紙より)

腎臓病

東京都の女性。数ヶ月前から体調を崩し、検査で腎臓が悪いと言われ、内視鏡検査の10日前に8日間湯治したところ、帰宅4日後の検査でどこも悪くはないと言われて驚いた。
(釈迦の霊泉への手紙より)

【参考】

釈迦の霊泉―御神水の奇跡 (コーケイブックス)

釈迦の霊泉―御神水の奇跡 (コーケイブックス)

(絶版、Amazon古書なし)







Copyright (C) 2017-2018 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email