神秘三昧Web & blog - 超常現象研究家・ライターの百瀬直也によるスピリチュアル・予言情報

ノンフィクションライター、超常現象研究家の百瀬直也がスピリチュアル・霊性・予言等を探求する

スポンサード リンク

【TOCANA】2「釈迦の霊泉」で筆者の体に奇跡的変化! 医師が驚愕する末期がんから生還例も!

f:id:nmomose:20181023175142j:plain


今日TOCANAで、私が執筆した記事が掲載された。
昨日の記事に続く『釈迦の霊泉』についての3日連続の連載記事で、題して『【実録】神の温泉「釈迦の霊泉」で筆者の体に奇跡的変化! 医師が驚愕するほどの“がんが回復”例も…!』


今日は、実際に「万病に効く」「末期がんも治った」といった実例を含めて、御神水の謎に迫っている。

【目次】

 

TOCANAの記事

今日の記事は3日間連載の2回めだが、1回めを読んでいない方は、まず下記の昨日の記事を読んでください。



今日掲載のTOCANAの記事は、下記のとおり。



 

自分の頭痛が改善された

今日16時に掲載してすぐに読んだ方もいるかもしれないので、念のため。
今日の記事が掲載されてから、「そういえば…」と気がついたことがあった。


つい先程、FacebookとInstagramで以下の通り投稿した。


https://www.instagram.com/p/BpRS6LkHwkm/
『釈迦の霊泉』を飲み始めて7ヶ月、それまで頻繁に「頭痛でダウン」していたのが、2ヶ月経つ頃から皆無になり、強めでも薬かコーヒーで収まるようになった。24日までTOCANAで連載中。#LINE2 #釈迦の霊泉 #TOCANA #温泉 #飲泉 #末期がん #万病に効く


宿にある感謝状のたぐいを読んでみると、「頭痛が治った」というケースも少なくない。
だが、今年3月に私が御神水を飲み始めた当初は、そういう自覚がなかった。


だが、ふと気がつくと、自分が頻繁に悩まされていた「頭痛でダウン」が、皆無になっていた。
頭痛薬を服用しても収まらないようなことは、滅多に(まったく?)起きなくなった。


それに気づいてから、担当編集者に連絡してその旨伝えると、速攻で今日の記事に追記してくれた。

頭痛の原因の変遷

地震の前兆現象として、あるいは低気圧が接近した結果として、ひどい頭痛になることは、10年以上前からあった。
もっとも、昔SEをやっていた時には、まだ液晶モニターが普及していなかった頃には、眼精疲労によって頭痛が起きることが多かった。


その後で、地震の前兆として頭痛が起きることがわかった。
さらに、それが低気圧の接近に伴っても起こる(いわゆる「気象病」)場合があることもわかった。


今では、強い頭痛体感が起きるのは、「低気圧要因」と「地震前兆」の相乗効果であると理解している。
経験的にいうと、片方だけでは、それほど強い頭痛にはならない。
ただし、「台風頭痛」の時は別だが。

もっとも驚くべき我が家の改善例

私の頭痛の改善もそうだが、それ以上に驚くべきこと(もし本当に釈迦の霊泉の効果ならば)がある。
それは、今年になって始まった母(87歳)の認知症に関することだ。


今年の春頃から、母は頻繁に「今日、とんじが来なかった?」と聞きに来るようになった。
「とんじ」とは私の4歳下の弟のあだ名だが、何年もうちを訪れなくなった。


だが、母は頻繁に、「今日とんじが来たでしょ?」と聞きに来て、弟が2階の私のPCの前に座っていたなどと言い出したのだ。
弟の「霊」でもない限り、私を弟と間違えて記憶しているのだ。


このような幻覚的症状は、「レビー小体型認知症」に特徴的な症状とされる。
私と弟の見分けがつかないくらいに、部分的な記憶が失われ始めたのだ。

認知症が改善された?

これはマズいと思い、釈迦の霊泉の御神水を飲ませるようになった。
それ以前は、水道水を飲んでいたという。
食べるものはインスタントラーメンが多く、これでは認知症にもなるわけだ。


だが、その後に御神水を飲むようになってから、次第に母が弟を見たといった飛んでもないことを言う頻度が減ってきた。
あくまでも可能性だが、ご浸水が認知症も改善する効果があるということになる。


『釈迦の霊泉』(大澤祥二、日本工業経済出版社、絶版)を見ると、25年前の出版で認知症の言葉はなかったものの、母の「ボケ」が少しずつ良くなってきたといった体験談もある。
まだ症例が少ないので確言はできないものの、今後もデータを集めていきたい。

プラシーボ効果?

冒頭の写真で示すように、釈迦の霊泉に宿泊して、あるいは日帰りで温泉に浸かり、また御神水を飲んでから、長年悩まされてきた病気が治ったという人々は絶えない。
その一部は、いわゆる「プラシーボ効果」(偽薬)あるいは「思い込み」によって健康状態が改善されたというケースもあるだろう。


だが、末期がんなどで「余命◯年」と医師から宣告された人が、御神水に浸かり飲泉することによって「生還した」という多くのケースの多くは、それでは説明できないのではないか?


もしそういうことがあるのならば、他の「飲む温泉水」があるところでも、各地で同様の現象が起きていておかしくないはずだ。
だが、私が調査したところでは、そうではない。


客観的に調査した結果では、やはり釈迦の霊泉は特別な何かがあるようだ。


明日の最終回では、いよいよ女将さん(今井経子さん)へのインタビューがあります。↓
www.shinpi3.com


医者もおどろく“奇跡”の温泉

医者もおどろく“奇跡”の温泉

医者がすすめる続!“奇跡”の温泉―飲泉療法で病から脱出した300人の体験談

医者がすすめる続!“奇跡”の温泉―飲泉療法で病から脱出した300人の体験談




Copyright (C) 2017-2018 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email