神秘三昧Web & blog - 超常現象研究家・ライターの百瀬直也によるスピリチュアル・予言情報

ノンフィクションライター、超常現象研究家の百瀬直也がスピリチュアル・霊性・予言等を探求する

スポンサード リンク

【TOCANA】理稀ちゃんの居場所を「透視で完全特定」していたSNSユーザー、日光の仏女性不明も透視!

f:id:nmomose:20180817183616j:plain


今日TOCANAで、私が執筆した記事が掲載された。
12日から山口県周防大島町で行方不明になっていて15日に発見された藤本理稀(よしき)ちゃん(2)の居場所を、発見前に「透視」していたという優れた能力者の紹介だ。
また、現在日光で行方不明になったフランス人女性ボランさんについても透視していて、それも記事で紹介している。

【目次】

 

TOCANAの記事

理稀ちゃんとベロンさんの透視を行った人物は、この記事では故あってアカウント名を一部伏せ字にしているが、理稀ちゃんの居場所を正確に透視していたことで、ネット上で有名になった人だ。


この記事は、昨日緊急にネタ出しして、今日執筆して掲載されたもの。
題して、『【奇跡】理稀ちゃんの居場所を2日前に「透視で完全特定」していたSNSユーザーがいた!! 日光の仏女性不明も透視中!』という記事。


まず、下記のTOCANAの記事を読んでみてください。
その後に、重要な補足をします。



 

理稀ちゃんの透視

まず、このTwitterで透視を行っているzut*****さんについて。
今回は緊急に執筆したために、御本人に承諾を求めたが返信を得られなかったなどの事情があって、伏せ字にして紹介することにした。


トカナの記事を読んでいただいてわかると思うが、理稀ちゃんのケースは言い逃れできないほどに的確に居場所を透視して言い当てていた。
それだけでなく、お母さんの容姿などもメディアで公開される前に、そのままに描写していた。


TOCANAの記事で使用した画像は小さかったので、もっと大きいマップに書き込んだのが冒頭に示したGoogleマップだ。
このマップで赤線で示した理稀ちゃんが発見されたと思われる場所と、黄色線で示したzut*****さんが透視した居場所は、ほとんど重なりあっていて、その違いは10mほどにすぎない。


遠い山口県で起きている出来事を東京に居ながらにして、ここまで正確に透視できる超能力者は、世界でもそう滅多にはいない。

フランス人ベロンさんの透視

次に、栃木県日光市に観光で訪れていたフランス人女性、ティフェヌ・ベロンさん(36)が7月29日以降に行方不明になった事件。
こちらは現在進行系で未解決のため、透視が的中したとの最終的な判断はできない。


また、zut*****さんの透視は編集でカットされた部分があるので、それを復元wしながら解説していく。

8月5日21:09
ベロンさんは、山の中のログハウスに監禁されている恐れがあります。60代ぐらいの男性が犯人だと思います。薪割りをして軽トラで生活をしています。山から降りると小さな集落があります。

 

8月6日0:41
日光から北東方面に連れ去られています。それほど遠くはないです。


現時点では事件性があるとはされていないが、zut*****さんは男性に連れ去られたと断定している。


この点では、9日になっての報道では、男性登山者が7月29日に、鳴虫山(なきむしやま)山頂から憾満ヶ淵(かんまんがふち)に下る登山道で外国人女性を目撃したという。
鳴虫山はベロンさんが宿泊していたホテル(タートルイン日光)の南方2kmほどにある山で、憾満ヶ淵はホテルの西1km弱にある。


登山口はホテルから近いため、この登山道を上っていった可能性は考えられる。
Zuttoegg氏の透視では、60代くらいの男に「北東方面に連れ去られ」たということで、この点では方角が異なっている。

8月6日0:42
初めから強○目的で一人の犯行です。最初は優しく声を掛け、暴力で気を失わせて車に乗せたと思います。男性はその世代にしては背が高いです。スリムです。手先が器用で常に軍手と紐があります。軽トラは白色です。


現時点では、事件性の有無についてもわかっておらず、男に誘拐されて強○されたといった事実を確かめるすべはない。
だが、現時点でわかっている点では、zut*****さんはベロンさんの母親アンヌさんの容姿をほぼ言い当てている。


このツイートをした5日時点では、まだ日本でもフランスでも顔が報道されていなかったのに。
また、ベロンさんも兄妹も金髪ではなく、子供から金髪であることを類推はできないはずだ。


そして、次は衝撃的な内容になる。

8月8日16:26
残念ながらベロンさんは亡くなっていると思います。川沿いに遺棄されているもよう。草の上、木の下に。下流を上にして見たら左に。違っていたら申し訳ございません。


このような透視内容であるため、さすがに編集部も掲載を見送ったのだろうか。


実は、私が知っている、ある透視能力に秀でた人も、ベロンさんの生存については悲観的な印象を持っているという。
もちろん、この点については実際にそうであってほしくないものだが。


zut*****さんの透視については、今後ベロンさんの件で新たな展開があった際には、再度紹介するかもしれない。


zut*****さんのTwitterアカウントなどについては、私に質問が殺到されても多忙のため対応できないが、独自に検索などすれば、すぐにわかるでしょう。
(私ならば、「Twitter 理稀ちゃん 透視」などとググるでしょう)


マクモニーグルが語るリモート・ヴューイングの世界

マクモニーグルが語るリモート・ヴューイングの世界

未来を変える「政木フーチ」

未来を変える「政木フーチ」


https://www.instagram.com/p/Bmi5Yf8n7Wo/
子供と外に遊びに行って、木で鳴いていたミンミンゼミを素手で捕まえた。まるで捕食者に「オレはここにいるでー、さあ食え」と言っているようだけど、実はオスが「イケメンがここにいるでよー」とメスに存在を教えるために鳴く。セミの世界のオスは受け身なのね。😄#セミ #ミンミンゼミ #セミはなぜ鳴くのか #セミが鳴く理由 求愛行為




Copyright (C) 2017-2018 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email