神秘三昧Web & blog - 超常現象研究家・ライターの百瀬直也によるスピリチュアル・予言情報

ノンフィクションライター、超常現象研究家の百瀬直也がスピリチュアル・霊性・予言等を探求する

スポンサード リンク

【ダウジング探偵】西荻窪・西武信用金庫の強盗事件と新潟県の登山した親子遭難の結果


先日、「神秘三昧」Webに、『【資料】百瀬直也のダウジング実施結果 - 「ダウジング探偵」の試み』のページを新規作成した。
今日は、最近実施した2件のダウジングの結果を追記した。


5/16の西荻窪・西武信用金庫の強盗事件と、5/6の新潟県の登山した親子遭難について、マップダウジングを実施していた。

西荻窪・西武信用金庫の強盗事件

5月16日午前7時55分頃、東京都杉並区西荻の西武信用金庫西荻窪支店で、男が男性支店長(50)を脅し、現金約1100万円を奪って逃走した。
この事件の犯人の居場所について、マップダウジングを行ってみた。


ペンデュラムが振れた場所は、まったく予想外のところだった。
東京都町田市鶴川5丁目1の、鶴川団地あたりと出た。


https://www.instagram.com/p/Bi0xzTNHaK-/
【ダウジング捜索】5/16 13:05。今朝7:55頃に東京都杉並区西荻南3丁目の西武信用金庫西荻窪支店で発生した1100万円強盗事件の犯人の居場所は?→町田市鶴川5丁目1、鶴川団地あたり。#ダウジング #強盗事件 #西武信用金庫


19日後の2018/06/04に、やっと容疑者が逮捕された。
杉並区西荻南の自称自動車販売業、平山雄一容疑者(46)で、男は西武信金の近くに住み、町田市とは全く関係がなさそうだ。


この結果にガックリ来たが、なぜこんなに遠くの場所が出たのか、疑問に思った。
もしかすると、別の強盗事件が町田市あたりで起きていなかったか?


調べてみると、あった。
ダウジングを実施して5日後の2018/05/24、町田市で強盗を行った容疑者が逮捕された。
4/2に町田市のマンションに侵入し、住人の女子大学生(19)の頭をゴムハンマーで殴った件で、町田市中町の無職・林一貴被告(37)が強盗容疑で捕まった。


あくまでも低い可能性だが、ダウジングで回答がもたらされたのは、西荻窪の強盗事件の犯人ではなく、こちらの強盗事件の犯人の居場所が出たのだろうか?
ダウジングポイントと男が住んでいた町田市中区との距離差は、約4kmだった。
あくまでも低い可能性(10%未満)として、そのようにも考えている。


f:id:nmomose:20180605134331j:plain
 

新潟県の登山した親子遭難

2018/05/06に、会社員渋谷甲哉(こうや)さん(37)と、長男の小学1年・空くん(6)が新潟県阿賀野市の五頭(ごず)連山に登山した後、行方不明になっていた。


この件は、最初から自信がなかったが、ダメ元でマップダウジングを行ってみた。



この手の遭難事故について行うのは初めてであり、また、ダウジングというのは、「聞く相手が知らないことをいくら聞いても正解は得られない」という単純な法則(?)がある。


23日経過した2018/05/29 11:20、新潟県阿賀野市の五頭(ごず)連山の「コクラ沢」付近で、県警のヘリコプターが男性とみられる2人の遺体を発見した。
ダウジングポイントからの距離の誤差は、約1kmだった。


この条件下での1kmというのは、ハズレに等しいのではないかと感じた。
位置関係は、下記のマップでまとめている。

f:id:nmomose:20180605135019j:plain


ネット上で検索すると、この事故を「霊視」していた人がいた。
心霊捜査を行う「◆rl1ucPLFX」というハンドルの人だ。
新潟県五頭連峰における親子遭難の霊視


上記のマップに記しているが、この人が霊視したポイントから発見現場との距離の誤差は、私のダウジング結果とほぼ同じ(1kmぐらい)だというのが、興味深いところだ。
 

事件・事故のダウジングはシビアで難易度が高い

以上、これまで5月お新潟小2女児が亡くなった事件を含めて、3件の事件・事故のダウジングを行った。
このような「ダウジング探偵」の試みは、的中する可能性は初めから非常に低いことがわかっていて、またかなりエネルギーが消耗する試みだ。


それでも、たとえ低い可能性でも、何らかの役に立つかもしれないという想いから、今後も機会がある度に行いたいと思っている。


これまでの「ダウジング探偵」の結果は、下記のページでまとめている。
www.shinpi3.com


※マップダウジングや地震予測の手法も含めた個人指導は、常時行っています(ネット上は困難なため基本は対面で)。
メールでご相談ください。


シルバーアローのペンデュラム

シルバーアローのペンデュラム




Copyright (C) 2017-2018 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email