神秘三昧Web & blog - 超常現象研究家・ライターの百瀬直也によるスピリチュアル・予言情報

ノンフィクションライター、超常現象研究家の百瀬直也がスピリチュアル・霊性・予言等を探求する

スポンサード リンク

『釈迦の霊泉』が効く病気(2)ガン・腫瘍(末期がん含む)

スポンサード リンク

f:id:nmomose:20180606144336j:plain
【Photo: Public Domain】


「釈迦の霊泉」を飲んで、癌(末期がん含む)・腫瘍が改善した・治ったというケースを紹介する。

【目次】

 

胃がん

余命1週間の末期がんから生還

新潟県長岡市から車を運転して毎月通った荒木一栄さん(1998年当時75)。
14年前、「あと1週間の命」と宣告された末期がんから御神水の力でよみがえった。


病院で胃は全部切除し、その後すい臓や肝臓にも転移し、大腸には梅干し大のがんが3カ所あるという状態だった。
「残念ながら今の医学では癌を治すことはできない」
そう医師に宣告され、抗がん剤をやめた。


その後、見舞いに来た友人から、釈迦の霊泉のことを聞く。
医者にあと1週間の命と言われ、家族との別れに家に戻った。


肝臓癌も進行し、腹がパンパンに張って苦しむ中で、ワラをもすがる想いで、家族とともに車で釈迦の霊泉に向かった。

抗がん剤もすべてやめ、ここにきたのです。口もきけず、体もろくに動かないまま水を飲み、入浴しているうちに、血の混じったどす黒い便が大量に出ることがあって、苦しみがウソのように消えました。
それで、半月はここで湯治をし毎日一升(1.8リットル)くらいの飲用で、後の半月は御神水を飲みながら自宅でという生活を続けました。
大腸がんは三ヶ月できれいになくなりました。それから4年間は、月二回ここで入浴し、御神水を飲みつづけることですっかり健康な体にもどったのです。


一部の学者も、荒木さんの奇跡的な回復に注目した。
新潟大学で月2回のCT検査を実施し、1991年には、がん研究者の全国集会で6人の医師によって綿密な検診がなされた。
末期状態時のレントゲン写真などと比較し、いずれも完治した異常のない体であることが確認された。
(『日刊ゲンダイ』1998年5月25日、大沢祥二『釈迦の霊泉』)

余命半年から生還

沖縄市の男性が、胃潰瘍と肝硬変で2年間入院した後、だいぶ良くなったので退院しても良いと医師から言われた。
だが、家族が残り半年の命(胃がん?)と影で話すのを聞いてしまった。


苦労をかけた家族に最後の償いとして全国旅行に出て、たまたま「釈迦の霊泉」の看板を見つけ、寄ってみた。
信じられぬまま宿泊して、3日目に食事が美味しく感じられ、食欲が出ると同時に疲労と脱力感がなくなっていった。


1ヶ月間の本土の旅を終えた後、定期検診で医師が首をかしげて、「良くなっている」と言う。
半年後には社会復帰した。
だが、2年後にまた暴飲暴食を重ねたのが祟って、またダウン。
そして釈迦の霊泉を再び訪れ、暴飲暴食も完全に絶った生活に戻った。
(大沢祥二『釈迦の霊泉』)

肝臓がん

余命1年から退院するまでに回復

福井県の男性は3年前に腸癌を切除したが、今度は肝臓癌にかかり、もう1年の命と医師から言われた。
京都に住む妻の姉が釈迦の霊泉が良いというので、群馬県まで霊泉の水を取りに行ってくれて、飲み始めた。


2ヶ月ほど経ち、癌巣が3分の1ほど小さくなった。
5ヶ月後に退院し、その後も通院を続け、霊泉を毎日飲み続けた。
その後も、直径9cmだった癌が1.5cmになり、医師から切除しても良いと言われたが、もしかすると消えるのではないかと、様子を見ることにした。
(大沢祥二『釈迦の霊泉』)

腎臓がん

あと半年の命から完治

群馬県境町の男性(1998年当時53)は、1993年に腎臓がんで左腎臓の全摘出を受けた。
肺やリンパ節にも転移し、もって半年という状態から生還した。

退院後一年半くらいは水の他にインターフェロンも使っていたけど、それもやめて後はずっと水だけ。今は月に一回泊まりにくる。入浴すると備えつけのコップで御神水を五杯飲む。部屋に戻ってパンツ一枚の裸で過ごす。体が冷えそうになったら浴衣をはおり浴室へ。この繰り返しで一日五回くらい入浴し、水も十三杯以上飲むわけです。帰るときには10リットル入りのパックを10個買っていきます。これが一ヶ月分。この水を職場に持っていって飲んでます。


男性は、毎月、血液・尿・レントゲンの検査をし、半年に一度はCTスキャンも受けているが、再発の兆しはまったくないという。
(『日刊ゲンダイ』1998年5月25日)

肺がん

末期がんから生還

東京都の男性が、健康に気を使いタバコもやめた生活をしていたが、3期まで進んだ肺がんだと言われた。
手術で摘出したが、気管に転移していて、切除もできず、早くて1年、うまくいって3年の命と宣告された。


病室の隣の人に釈迦の霊泉を教えてもらい、翌日たまたまテレビで紹介されていた番組(知られざる世界)を、本人と妻(自宅で)が同時に見た。
それを見て、霊泉の水を取り寄せて飲み始めた。


制癌剤の投与で他の患者さんたちは丸ハゲになるなか、髪は多少抜けたものの、まだふさふさしたままで不思議に思った。
(筆者注:霊泉の水はハゲにも良いと言われる)


手術後に驚くべき回復を見せて、4ヶ月で退院した。
その半年後には仕事に出勤し、周囲の人々を驚かせた。
(大沢祥二『釈迦の霊泉』)

膵臓がん

余命10日から完治

埼玉県の男性が、膵臓がんで後10日ぐらいの命と医師から宣告された。
一時はすっかりやつれて、目の周りが真っ黒になっていた。
もう治らないだろうとのことで退院して、自宅で療養を始めた。


その後に釈迦の霊泉を知り、ワラをもすがる想いで旅館に2泊した。
すると、1夜で痛かった胃が収まり、ご飯を1膳食べられるようになった。
その後も本人はすっかり元気になり、散歩をするようになった。
(大沢祥二『釈迦の霊泉』)

膵臓がんの影が消えた

東京都の男性は、検査の結果、膵臓がんの影があると言われた。
その後、宿に8日間宿泊し湯治したところ、内視鏡検査の結果、癌も石も消えていると言われた。
(大沢祥二『釈迦の霊泉』)

子宮がん

普通の状態に戻れないと言われたが…

長野県の女性は、平成6年に多量の出血で子宮がんと診断された。
手術をしたが出血多量で生死の境をさまよい、助かったとしても普通の状態には戻れないと家族に宣告された。
手足が動かず、リハビリ、放射線治療など行い、4回の手術を経て退院した。


自宅でも、抗がん剤による治療で、喘息のような咳、手足の痛み、食欲不振と吐き気が続いた。
3ヶ月後、知人から釈迦の霊泉を教えてもらい、連れて行ってもらった。
咳が少なくなった自分を見て、知人はすぐに2回目も連れて行ってもらった。


3回目の滞在では、余命1週間の胃癌から復帰した荒木一栄さん(前述)と出会い、影響を受け、霊泉に命を賭けてみようと抗がん剤をやめた。
毎日3L以上飲み続けたところ、咳が止まり、手足の痛みが止まり、吐き気がなくなった。
繰り返しの輸血で肝臓も悪くなっていたが、検査でほぼ正常に戻った。
翌月からは仕事に戻れるようになり、医師からは年1回の検査で良いと言われた。
(釈迦の霊泉への手紙より)

【参考】

釈迦の霊泉―御神水の奇跡 (コーケイブックス)

釈迦の霊泉―御神水の奇跡 (コーケイブックス)

(絶版、Amazon古書なし)






Copyright (C) 2017-2018 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email