神秘三昧Web & blog - 超常現象研究家・ライターの百瀬直也によるスピリチュアル・予言情報

ノンフィクションライター、超常現象研究家の百瀬直也がスピリチュアル・霊性・予言等を探求する

スポンサード リンク

【火山】バリ島のグヌン・アグン(アグン山)が1963年に噴火した際の不思議な話~神の怒りを買ったヒンドゥー大祭

スポンサード リンク

今日の探求三昧の記事で紹介したように、インドネシア、バリ島の火山グヌン・アグン(アグン山、Gunung Agung)で火山性地震が続くなど噴火の兆候がある。
そのため、近隣住民35000人ほどが避難勧告により避難している。


前回、54年前にアグン山が噴火した際には、非常に不思議な話があり、それを紹介することに。


f:id:nmomose:20170925231620j:plain
 

「偉大な山」

私は1994年からのべ1年半ほど、SE(ソフトウエア・エンジニア)としてインドネシア、ジャワ島に派遣されて働いていたので、インドネシア語がわかる。
もっとも、ほとんど忘れたが。


グヌン・アグンは、Gunung=山、Agung=greatで、「偉大なる山」の意味がある。
アグン山の中腹にはバリ島ヒンドゥー教の最高寺院ブサキ寺院があり、私は何度か訪れたことがある。

神の怒り

不思議な話とは、1963年に起きたことだ。
バリ島最大の祭儀であるエカ・ダサ・ルードラ(Eka Dasa Rudra)は、100年に一度執り行われる。
だが、当時のスカルノ大統領は、その慣例を無視し、観光目的で100年たたないうちに祭りを行う計画を立てた。
そして、祭のクライマックスは1963年3月8日に設定された。


だが、その前月の2月18日に、神の山グヌン・アグンは火山活動を開始し、3月17日には大噴火を起こした。
それは、エカ・ダサ・ルードラの祭儀の真っ最中のことだった。


バリの人々は、祭の期日を勝手に変えて執り行ったための神の怒りだと解釈した。


噴火は、翌年1964年1月27日にやっと収まった。
この間、火砕流などにより、1100人以上の犠牲者が出た。


f:id:nmomose:20170925233047j:plain
(ブサキ寺院:1995年頃に百瀬が撮影)

バリは不思議な島

神は本当にいるのだと思わせる、畏れ多い出来事だった。
インドネシアでは、特にバリ島では、本当に不思議なことが起こる。
自分自身も、いろいろと経験している。


たとえば、ブサキ寺院でオダラン(祭)があったときに、僧侶たちが雨が降らないようにと祈祷するのだが、その寺の周囲だけ雨が降らずに、その外側では雨が降っているのを、この目で見たことがある。
バリ島やジャワ島では、「普通に」起きていることで、向こうでは皆あたりまえと思って誰も不思議だと思わない。


それ以外の自分の体験談は、今後すこしずつ機会があれば紹介することにしたい。
バリ島の火山活動の最新情報は、下記の探求三昧の記事で書いている。


tankyu.hatenablog.com


※なつかしい

ライアル・ワトソンがどの本でアグン山の噴火を紹介していたのか忘れてしまった。
スーパーネイチュア (1974年)

スーパーネイチュア (1974年)




Copyright (C) 2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.