神秘三昧Web & blog - 超常現象研究家・ライターの百瀬直也によるスピリチュアル・予言情報

ノンフィクションライター、超常現象研究家の百瀬直也がスピリチュアル・霊性・予言等を探求する

スポンサード リンク

【TOCANA】【警告】富士山噴火は東京オリンピック前に起きる?松原照子氏の世見を見る

スポンサード リンク

今日TOCANAで、私が執筆した記事が掲載された。
『【警告】富士山噴火は東京オリンピック前に起きる!! 学者たちも“不穏な兆候”に戦慄、噴火前には東京湾を巨大津波が襲う可能性も!』と題した記事で、詳細は探求三昧ブログで紹介している。
こちらでは、続きとして予言的な内容を書きます。



向こうのブログでは、基本的に予言やスピ的な内容を扱わないので、こちらで続き的に書くことにしたい。
というのも、松原照子さんが富士山噴火に関して世見していることで、気になることが多々あるからだ。


f:id:nmomose:20170524163849j:plain
 


以下に、この2年ほどの間に松原照子さんが書いた富士山に関する世見を引用する。

2015年06月21日「富士山の噴火は‥」

ところで草津の湯には変化が起きていなければ嬉しいのですが、この辺りが動き始めると白根山浅間山と繋がり、富士山噴火のXデーが近付くかもしれません。
(松原照子、ブログ「幸福への近道」、2015/06/21より)


今のところ、草津温泉の湯量に変化があったということは無さそうだ。
これが起きると、白根山浅間山が噴火とまでは書いていないけれど、何らかの活動が見られる?
その後で富士山噴火??


もしそうだとすれば、多少の猶予があることになる。

私達が目を細めて見とれる富士山は新富士 西湖と精進湖それと本栖湖の水量や水位に変化は起きていないだろうか。
今後、富士山の活動をいち早く私達に知らせてくれるのがこの仲良しの湖だと思っています。
(松原照子、同上)


富士五湖のうち、西湖、精進湖本栖湖の水量や水位に特に変化は起きていないようだ。
河口湖の水位については、1年前あたりに話題になったが。


ところで、なぜ3つの湖なのだろうか?
じつは、西湖、精進湖本栖湖の三湖は、青木ケ原溶岩流下で連続しているという説がある。
これが事実かどうかを調査するのは困難らしく、現在でも結論が出ていない。


松原さんがそこまで知っているとはあまり思えないが、それを踏まえての上記の記述なのだろうか。

2016年10月01日「夢で富士山が‥‥」

有料サイトの「世の中の動き」にも書いたのですが、富士山で小石が人もいないのに落ちる夢を見ました。落石といっても、ドドドォ~と云うのではなく、斜面を小さな小石の群れが下に向かう。
目が覚めて、今見た夢は現実の夢だと思ったのです。
富士山だと何故思ったかわからない。
でも富士山だと不思議と自信を持った。
【中略】
富士山の大噴火映像は未だ見てはいませんが、噴火の扉の鍵を鍵穴に自然界が入れた気もします。
(松原照子、ブログ「幸福への近道」、2016/10/01より)


富士山付近で地震があるということかな?
それならば、2017年1月9日5時41分頃、山梨県中・西部でM3.1、最大震度2の地震があった。
そうならば良いけれど、まだ未発の群発地震が始まって、それが富士山噴火の前兆だったら大変だ。


それと、最後の1行…。
「噴火の扉の鍵を鍵穴に自然界が入れた」って、富士山噴火の前兆活動が始まったという意味ならば、もっと大変だ。

2017年02月27日富士山の噴火

富士山は、今まで寒くなると活動したくなったようです。
(松原照子、ブログ「幸福への近道」、2016/10/01より)
www.xn--l8ji6b8dbd9a6a7e0hd.com


だとすれば、今年の冬以降?
南海トラフ地震でも、季節的傾向があるようだけど、こういうことがまったく無いよりは見当が付けやすくなる。

富士山がもしも大噴火したならば、東名高速道路も新幹線が走る辺りもやばい気がします。
(松原照子、同上)


そういうことを、私もコンビニムックなどで書きました。
『予言・天変地異』だったかな?
TOCANAでも、何度も。


大噴火になった場合、そういう可能性も当然想定しておかなければならない。
「想定外」ではなく、「想定内」として。
新幹線ならば、ちょうどそこを走ることにはタイミングがあるけれど、東名高速は始終車が走っているわけでしょう?
松原さんがそこまで書くからには、「起きる」と覚悟しておいた方が良いでしょう。


規模にもよるけれど、東京だって他人事ではなく、「普通の生活」を送れるわけはない。
ライフラインは全滅かもしれないし、

今年の日本は…

松原さんが、今年の日本は「暗い未来しか見えない」と言ったけれど、素顔の松原さんはまったく悲観的なところはなく、いつも明るい関西のおばさんなんですよ。
そういう人が、殊更にそういう表現を使うとういことは…重い。


今年はもう3分の1は過ぎたけれど、大災害や大事件ということも含めて、心しておかなければならないでしょう。


4月の東京講演会も、非常に重い内容が含まれています。
まだ聞いていないけれど、DVDのリリースは6月頃かな。


※初めて企画も行った本。思い入れがある。
動物の前兆行動など、今も情報が古くなっていない部分もある。

松原照子の大世見

松原照子の大世見




Copyright (C) 2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.