神秘三昧Web & blog - 超常現象研究家・ライターの百瀬直也によるスピリチュアル・予言情報

ノンフィクションライター、超常現象研究家の百瀬直也がスピリチュアル・霊性・予言等を探求する

スポンサード リンク

【松原照子氏】イスラム国(IS、ISIS)が事実上崩壊~松原さんが世見的中?

今日、テレビの緊急速報で知らされた。
イスラム教の過激派組織「イスラム国」(IS)が、首都とするラッカが、事実上崩壊したという。
クルド人主体の「シリア民主軍」(SDF)の発表によるもの。


ISの崩壊を、誰が予言していただろうか?
じつは松原照子さんが、2年前の世見で、ISの崩壊を予言していた。


f:id:nmomose:20171017225019j:plain
 

続きを読む

【TOCANA】【必見】史上最高額830億円の宝くじを当てた米国女性~ほか超高額当選者8例

今日TOCANAで、私が執筆した記事が掲載された。
題して『【必見】史上最高額830億円の宝くじを当てた米国女性の秘密がヤバすぎる! 信じられない手段で宝くじを当てた世界の超高額当選者8例』というもの。


米国東部のマサチューセッツ州に住む2児の母が、米国史上最高の7億5870万ドル(約830億円)の宝くじを当てたという内容。
当てたのは、メイビス・ウォンチックさん(55)。


もっとも、この額は30年間の分割払いを選択した場合で、一括払いを選んだため、金額は4億8050万ドルになり、また税金を抜くと受取り金額は約315億円になる。


f:id:nmomose:20171017213639j:plain
 

続きを読む

【予知夢】茨城県の郁代さんが見た火災の夢~火災時の防災準備も大切

f:id:nmomose:20171009221908j:plain


今日、茨城県の郁代さん(仮名)からメールが来た。
火災の夢を見たという内容で、それを紹介したい。


郁代さんは、非常に頻繁に見る夢が現実になることが多く、3.11の原発事故などの夢も予知夢となった。
はじめて紹介したのは、今年3月の下記のTOCANAの記事だった。
災害の夢やヴィジョンが現実になる6人の女性の一人として紹介した。


www.shinpi3.com
 

続きを読む

【神秘三昧】ジョセフ・ティテル氏予言まとめ:2016年版

米国のサイキック(超能力者)・予言者であるジョセフ・ティテル(Joseph Tittel)氏が毎年年頭に発表する世界の出来事の予言の内容のうち、2016年の注目すべきものをまとめたページです。
通常の予言は、その年に対応する出来事が起きなくても、翌年にずれ込むこともあります。


f:id:nmomose:20160104223822j:plain
 

続きを読む

【神秘三昧】ジョセフ・ティテル氏予言まとめ:2017年版

米国のサイキック(超能力者)・予言者であるジョセフ・ティテル(Joseph Tittel)氏が毎年年頭に発表する世界の出来事の予言の内容のうち、2017年の注目すべきものをまとめたページです。
通常の予言は、その年に対応する出来事が起きなくても、翌年にずれ込むこともあります。


f:id:nmomose:20171007215138j:plain
 

続きを読む

【TOCANA】ラスベガス乱射事件は予言されていた!ジョセフ・ティテル氏は今後も同様の事件発生と予言

今日TOCANAで、私が執筆した記事が掲載された。
『【衝撃】ラスベガス乱射事件はガチで予知されまくっていた! 世界中の予言者&サイキックが指摘、年末までに別の銃撃事件発生も!?』と題したもの。
10月1日に米国ネバダ州ラスベガスで発生した乱射事件を予言していた人々を紹介した記事だ。


f:id:nmomose:20171007215138j:plain
 

最も顕著な予言をしていた人物は、あのジョセフ・ティテル氏だ。
Joseph Titttel氏は、日本では私がTOCANAで頻繁に紹介しているせいもあって、知名度は高い。
数々の予言を的中させてきた有能な予言者だが、なぜか米国の著名サイキック一覧などのサイトには彼の名は見られず、Wikipediaにも項目がない。
そういう意味では、むしろ日本での知名度が高いといえるかもしれない。

続きを読む

【TOCANA】スティーブ・ジョブズが亡くなった本当の原因は「○○の過剰摂取」だった! マスコミタブーに迫る

今日TOCANAで、私が執筆した記事が掲載された。
昨日の「日本の原発は聖地に建設されていた」の記事に続いて連日の掲載だ。
今日の記事は、今日がスティーブ・ジョブズ氏の6回忌の命日であることにちなんだもの。


ジョブズ氏が亡くなった本当の原因について迫った内容だ。
なぜこんなことが広く知れ渡っていないのか?
それは、後述するように、マスコミのタブーに触れることだからです。


f:id:nmomose:20171006004418j:plain
 

続きを読む



Copyright (C) 2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.